Posted by & filed under chinachu, Linux.


chinachuで録画しながらおっかけ再生ができるようになった。

わが家では、RasPIでKodi(旧名xbmc)を走らせてchinachu録画サーバをNFS経由で参照するという構成で録画再生をしている。
以前のバージョンでは録画内容がファイルにフラッシュされると、その後xbmc側はバッファが空になるまで再補充しない問題があったが、解消されたようだ。
ちなみにgit版はRasPIのArchに提供されているやつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です