Posted by & filed under 未分類.


共立電子で購入できるAVRライタ。Linuxで使えるかどうかという情報がネット上になく不安だったが、wineと併用で使うことができる。
AVRWRT商品(google検索)

具体的な手順は購入時の添付CDに記載されている(AVRWRT_COMを参照)ので、手順通りにudev/ruleを設定しwine経由でライタソフトを起動すれば良い。

しかし二点注意事項があったので以下に記載する。

シリアルポートのマッピング

FTDIのUSBシリアルデバイスをwineにマップする際、手順書ではCOM(大文字)と指示されているが小文字である。筆者の環境では小文字でないと認識されなかった。COMポートで通信ができない旨のエラーが出たら、capsを替えて試してみよう。

$ ln -s /dev/ttyUSB0 ~/.wine/dosdevices/comN

UIの文字化け

LANG=Cだと全角文字が全滅するし、LANG=ja_JP.UTF-8だと半角文字が全滅するという酷い状況だったが、regeditを使い、以下の設定をすることで回避できた。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Wine\Fonts\Replacements

キー名MS UI Gothic
REG_SZ (文字列)
M+ 2c medium
※ M+の部分は普段使っているフォントを指定

参考: Wine で SoundEngine Free を使うときの日本語フォント設定 – 😃 mattintosh note 📝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です